安心の引越しを行うための下準備

多い方ですと1年に1度引越しをしているという方もみえるかもしれませんが、ほとんどの方は数年に1度、人生で数回の方が多いことでしょう。持っていく荷物を、先に決めておくことは安心して引っ越すための大切な下準備のひとつです。段ボールひとつで大きな金額の差になるわけではありませんが、作業量に差がでますし、トラックの大きさも違ってくる可能性もあります。荷物をどの時点で処分するのかも考えなくてはいけないですから、引越しの準備にもあたります。服や小物など、リサイクルやゴミなど自分で簡単に処分できるものならともかく、家電や家具はリサイクル業者に依頼、もしくは自分で持っていく、捨てるにしても市町村の許可が必要になります。引越し業者でも処分してもらえますが、当然追加料金が発生します。引越し先の地域で捨てることもできますが、捨て方が違う場合や、捨てる時期があるので注意が必要です。引越しの下準備のひとつは荷物の選定です。

持っていく荷物を選び、不要な荷物は処分する

引越し業者に全てお願いする方から軽トラなどをレンタルして自分たちで全て運ぶ方まで様々な形の引越しがあると思います。引越しの基本は運ぶ荷物の量を認識することです。引越し業者に家に見積もりに来てもらうことで、経験豊富な営業の方であればおおよその量を当てて、使用するトラックや段ボールの見積もりを算出してもらえます。この時点で引越し業者と取引をする必要はないですから、数社から見積もりを取ってもらう事は大切です。見積もりを取った数社の会社が全てほとんど同じ荷物の量を提示していれば、見積もりを取った引越し業者全てが正しい情報を提示していると考えてもいいと思います。そこから金額や保証内容などの確認をして、安心でき、納得できる業者に依頼、もしくは、やはり自分たちで行うのかを決めることが下準備のひとつです。

退去前に確認することを、管理会社に確認する

どのように引越しを行うのかを決めた後は、荷物をまとめたり処分したりしますが、すぐに使う物は、分かりやすいようにまとめておくことは重要です。トイレットペーパーやナイフ、タオル、懐中電灯など一つずつでもまとめておくと便利です。一番怖いのは、どこに何があるのかわからない状態です。この行動が遅れるだけで、ご近所への挨拶や、掃除かたづけが後手に回ってしまいます。また退室前に部屋のチェックも重要なことです。これは敷金や礼金の関係もありますし、忘れ物、電気やガス、水道が漏れていないかのチェックもあります。また管理人にカギを必ず返却してください。退室時に気を付けることは、管理会社や大家さんに引越し前に確認しておくことも安心できる下準備のひとつです。引越しは引越し当日だけではなく、下準備を確実に行う事が成功のカギです。

関東からの遠距離引越しにも格安プランで対応しております。 関東はもちろん、関東から近畿・東海・東北方面への長距離引越しもお任せください。 無料の引越しお見積もりは、HPで24時間・年中無休で受け付けています。 他社よりも格安価格で、そしてご満足していただけるサービス・プランを自信をもってご提供します。単身・ファミリーともにどなたでも簡単にできるお見積もりサービスをご利用ください。 女性の一人暮らしでも安心の引越し業者「人力引越社」